読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人見知りって言えない人見知り

コミュ障発言に対して思うこと

「私、人見知りorコミュ障なんですよ。」

こんなセリフを初対面の人に言ったことない。

 

言うことがあったとしても、本当に心を開けた友達に

「私、本当は人見知りだから、ああいう場苦手。」っていうときぐらいです。

 

初対面の人に自分の性格、しかもダメなところを先に言うのって、恥ずかしくない?

ただでさえたどたどしい言葉遣いなのに、よけいに評価下がっちゃわない?

  

初めて会話する時に、「自分、人見知りorコミュ障なんですよね」って言ってくる人いますが、普通の人に言ったら話繋げてくれると思いますが、それ人見知りの人に言ったら、「はー、そうですか・・・」って、切られると思います。

自分は切っちゃいます。

あなたの性格がまだ分からないから、否定してあげるべきなのか、そうじゃないのか分からないし、かといって共感してあげられるほど仲良くなってないし・・・かける言葉が思い浮かばない。なんて言うべき?私の方こそ会話切り出せなくてすいません、と頭の中はパンク状態です。

 

その日の帰りに、話せなかったな、申し訳ないな・・・と反省します。

でもその後に、

こっちは人見知りなのに、人見知りであることを悟られるのさえ恥ずかしくて、人見知りなんですって自己紹介できないのに、あなたはのうのうと自分の本来の短所ではないところを、これが私の短所なんですって自己紹介してくるなんて、本物の人見知りに失礼だぞ!って。

あえて自分を低く見せといて、あとで好感度あげていこう作戦ですかー?ずるいですよ!

なーんて思ったりもします。

 

いつだか、コミュ障ですって自己紹介するのは、相手に対して自分は話を回せないので、あなたが回してくださいと言っているようなもんだ、というコラムを読んだことあります。

なるほどね。こういう考えもあるんですね。

自分がどう思われるかとか、どういう発言すべきかで頭がパンクしてた私には思いつかなかった発想でした。

 コミュ障発言によって、会話の進行を放棄させてたんですね。そりゃあ人見知りの頭の中はパンクしますわ。

 

 

私は人見知り

ブログだから言っちゃうけど、実際の私は、極度の人見知りだと思います。

どれくらいかと言われると、一言も話さずに人見知りの人を感知できるくらいです。

 

人見知りの人は、おとなしい印象があるので、まあだいたいの方は分かりますよね。

これじゃあ、人見知りの程度、分からないですね笑。

 でも不機嫌で静かになってるのか、私のことを苦手で静かになってるのか、本当は仲良くなりたいけど・・・っていう人なのかは分かります。分かるつもりです。

 

だからですかね、私が感知した人見知りの人と、ゆくゆくはめっちゃ仲良くなれます。 

私のこの能力は人見知りであったがゆえに、身につけられたものだと思います。

 

歓迎会などで、最初はうわー友達出来そうにないよー!って心の中で泣いていても、

だんだん友達が出来ていく感じは、じわじわうれしさがやってくる。

しかも、お互いに距離感を保っているから、近くなりすぎて仲が悪くなっちゃうっていう事態も防げる。

ちょうどよく、程よく、心の扉を自分のタイミングで開いていけるから、とても心地よい関係でいられる。

人見知りでよかったなぁ、と自分を肯定しちゃってます。

 

人見知り、人見知り書きすぎちゃってますが、人見知りリスペクトとかじゃないですよ。

いわゆるコミュ強の方たちも好きです。

同じ団体に所属してるだけの、空気みたいな私のことも誘ってくれるから、ありがとう。実はめっちゃうれしいです。

 

 

最後にまとめとして

初対面で自分の短所を教えない方がいいでしょう!

短所を伝えることによって、お世辞ごっこで終わればいいでしょうけど、無駄に短所のレッテル貼られちゃったりします。

しかも、中には私みたいな考えのやつが、静かに逆上してたりするかもしれません。

 

人見知りって言えない人見知りのまま、生きていこうと思います。

もちろん改善の努力もしつつ、でもこれも自分の個性なんだって受け入れてあげられるようになりたいな!